読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本条蔵 -ホンジョウゾウ-

本やゲームなどの感想です。まだまだ移行作業中。概ね敬称略です…。

ドラマ 「念力家族」

ただいまSeason2を放送中のEテレドラマ「念力家族」。
笹公人の短歌をベースに、念力を持つ家族の悲喜交々を描いた、ほのぼのコメディです。

公式サイト 念力家族 (天てれドラマ)

去年のSeason1の、最初の方はほぼリアルタイムで視聴していたのですが、途中で録画装置が壊れたり、テレビが壊れたり、下の子が「いないいないばあっ!」以外の番組をつけると地団駄を踏む仕様になったりで、なかなか続きを見られず……。
そんなこんなあったものの、先週末やっとまとまった時間がとれたので、5話目くらいから一気に最新話までマラソンしてみたのでありました。

以下、雑感。

  • 「念力家族」のタイトル通り、家族全員が特殊能力者。例えば「父は透視しかできなくて、母は予知しかできなくて……」みたいなのではなく、わりと家族全員が、瞬間移動したり変身したり、やりたい放題する(それぞれに得意な技はある)
  • 超能力ものは、展開として「他の一般人には、自分(たち)が超能力者だとは秘密!(バレてはいけない)(けどバレる)」が王道な気がするけど、このドラマ内世界は、人前で堂々と力を使っても「あいつ変わってる」くらいで済んじゃう平和仕様(この平和さにツッコミを入れながら楽しめる感じ)
  • 個人的に、「バレちゃいけない秘密がバレそう!」な展開だとストレスを感じてしまうので、このドラマのように、目の前で瞬間移動しても「あれ?あいつどこ行った?」で済んでしまう世界観はとてもありがたい
  • 一方で、Season1の序盤は、高校生の玲子が主人公で、「先輩(男)と友だち(女)の三角関係」っぽいアレだったので、「抜け駆けがバレそう」みたいなストレスがあったり……(なかなか続きが見られなかったのは、その辺の個人的な事情もあったのだ)
  • とはいえ、Season1中盤以降は、「画家志望の兄」「優柔不断な父」などひとりひとりが毎話の主人公になるので、色々大丈夫!
  • 10分ドラマなので、展開が早い!その「早さ」と、「念力なんでもアリ」のカオス感とが、とてもマッチして絶妙にシュール
  • 「早さ」のわりに(だからこそ?)、小道具ひとつひとつまで楽しい丁寧な作りだと思う
  • 押しつけがましくないハートフル加減が心地よい。「感動的」というより「ほっこり」というか
  • 毎話のタイトルが笹短歌なので、タイトルコールで短歌自体を楽しんだ後、「この短歌がどんなシーンになるんだろう」と想像するのも楽しい
  • 更に「ニクロム線つないだカップを口にあてしゃべり出す兄『☆‰ΨΩψЙ!』」の回には、「どんなタイトルコール(音読)……?」という楽しみも!
  • 奈々かわいいよ奈々

……以上、感想としてまとまってないけど、素敵ドラマですよ「念力家族」。