読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本条蔵 -ホンジョウゾウ-

本やゲームなどの感想です。まだまだ移行作業中。概ね敬称略です…。

水城せとな 「失恋ショコラティエ 6 」

失恋ショコラティエ 6 (フラワーコミックス)

失恋ショコラティエ 6 (フラワーコミックス)

高校時代の失恋を引き摺るショコラティエ・小動爽太(こゆるぎ そうた)が、自分のお店「ショコラヴィ」を開店して一年半。
爽太の失恋のお相手(?)である女性・サエコは、相変わらずお客として時々店を訪れていた。
そんなある日、爽太はセフレのえれなに、「サエコにもう一度告白して、ちゃんと振られてくる」と宣言するのだが……?

爽太の妹・まつりは、元カレへの未練を断ち切れない。
爽太を密かに思い続ける店員の薫子は、えれなの存在と、自分の不甲斐なさにイライラを募らせる。
同じく店員のオリヴィエは、自分の恋愛に確信が持てず、好きなはずの相手につい駆け引きを仕掛けてしまう。
良きライバル店である「リクドー」の店員・関谷は、薫子からのメールに返信せず及び腰。
そんな、それぞれの恋模様が錯綜する一巻です。

さっき昼寝をしてたら、リクドーさんのお店にチョコを食べに行く夢を見ました。
はよ感想を書けということですね、そうですね。
……恋愛模様も気になるけど、本当にどれも美味しそうなんだ、作中のチョコが。「赤ワインとハチミツの効いたイチジクがゴロッと入ってる大振りチョコ」とか!「カリカリのほろ苦キャラメルの入ったボンボン」とか!

閑話休題。

既に人のモノでありながら、爽太に絶妙な駆け引きを仕掛け続けるサエコ。
そんな彼女は、爽太の告白を受け入れるのか?
……受け入れてくれるな!君は心底すごい女性だけど爽太には勿体ないし、えれなさん超いい人だぞ!そして薫子さんも何らかの形で幸せになってほしいです!という局面です。三行目以降、多分に私情が盛り込まれておりますが。

「駆け引き」と書くとドロドロ愛憎劇のようですが、サラッとしたタッチなので、爽やかではあります。
それでいながら、色々と突き刺さる感じ。ちょっとした会話だとか独白だとかが。突き刺さるというか、のたうち回りたくなるというか。

なんというか……「1巻で爽太がオリヴィエ先生の言うとおりにしていれば話は早かったのに!」という気がしないでもないですが、それじゃダメだったんだろうな。
サエコが様々な理想と現実に直面して、疲れてきた今だからこそ隙が生まれてるというか。

次巻は今年の秋冬頃かな。待ち遠しい限りです。