読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本条蔵 -ホンジョウゾウ-

本やゲームなどの感想です。まだまだ移行作業中。概ね敬称略です…。

岡本倫 「極黒のブリュンヒルデ 1 」

極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)

極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)

幼なじみの「クロネコ」を、自分のせいで死なせてしまったことがトラウマの少年・村上 良太。
宇宙人の存在を信じていたクロネコの記憶を引き摺りながら、彼はいつものように、放課後を天文台で過ごしていた。
そんな彼の元に、クロネコそっくりの少女・黒羽が現れて、去って行った。
「バスには絶対乗らないで」
そんな予言めいた言葉を残して…。

トラウマを抱えた頭脳明晰な少年・良太と、「手術」によって「魔法使い」になった少女たちの物語です。

「魔法使い」が、天然ドジっ娘だったり、毒舌ゴスっ娘だったりする、とここまで書くとハイテンションな学園ラブコメか何かのようだけど、実際は「魔法使いたちの壮絶な逃亡劇」。
それなりにコメディ分はあるんだけど…それを差し引いても、というかだからこそ逆に、悲壮感と絶望感がすごいです。
相田裕の「GUNSLINGER GIRL」並に、全員生き残る気が全くしない!

同氏の「エルフィンリート」は、読もう読もうと思ってタイミングを逃した感があり…。まぁ、そのうち読む。
そんなこんなで、初めて読む岡本倫作品だったり。

著者の特徴なのか、それともこの作品固有のものなのかわからないけど、良太の「閃き」の描写が、少し特徴的で最初は戸惑いました。
例えば、独り言に突然「…そうか、Aだからか」みたいなのが出てくるけど、「A」に関することは今までの会話に出てきてない。次のシーンで「B」という事件が起きて、それを解決した後の会話になってから、初めて「Bの原因はAだって思いついたんだ。なぜなら…」みたいなのが始まったりする。
この感じが掴めなくて、最初のうちは「A?何だっけ?」と前のページを読み返したりしてた。

たった2ページの「プロローグ」が、もの凄く象徴的で絶望的。
あれ、(もしかしたら後々ネタバレになるかもしれないので一応反転)「地球の風景じゃない」とか「最終的には改変される佳奈の予知ビジョン」とかだったりするのかな。