読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本条蔵 -ホンジョウゾウ-

本やゲームなどの感想です。まだまだ移行作業中。概ね敬称略です…。

三田誠 「RPF レッドドラゴン 第四夜 夜会擾乱」

RPF レッドドラゴン 4 第四夜 夜会擾乱 (星海社FICTIONS)

RPF レッドドラゴン 4 第四夜 夜会擾乱 (星海社FICTIONS)

竜と契約を交わした、軍事大国・ドナティア。
テクノロジーにより急発展を遂げた、経済大国・黄爛。
そして、二国からの侵略に喘ぐ、小さな島・ニルカムイ。
三勢力が鬩ぎ合うニル・カムイを舞台に、「赤の竜」を巡る一つの伝説が幕を開ける…!

GMの三田誠を中心に、五名のプレイヤー(奈須きのこ虚淵玄紅玉いづき、しまどりる、成田良悟)が知略を巡らせながらダイスに運を託す、TRPGリプレイ方式のノベルです。豪華メンバー!

登場人物は、「赤の竜が狂って暴れてるので、討伐対を組むよー」ということで集めらた各勢力の精鋭、という感じ。
その精鋭とは、ドナティアの黒竜騎士・スアロー、黄爛の妖刀使い・婁(ロー)、半魔物の少女・エィハ、皇統種の少年・忌ブキ、そして、彼らを微妙なポジションから見守る不死商人・禍グラバ。
彼らが討伐隊に加わった事情や思惑は、それぞれに異なっている。そして、それぞれが呪いを受けた身だったり、人命を啜るのが大好きな妖刀にラヴ一直線だったり、特殊な体質だったり、壮絶な過去を抱えていたりする。キャラクタの設定だけでも既に、単なる「設定」ではなく「物語」の域に。

TRPGリプレイ、ではあるのだけれど、「シナリオに沿って、キャラクタが動かされてる」という感じじゃない。もう、各人が活き活き。
キャラクタとしての(物語内での)行動や物語、それ自体も面白いのだけど、その裏でプレイヤーとしてのメタな掛け合いが同時進行していくのが「ならでは」だなぁ。

禍グラバ 「『竜災保険』とかつくれば儲かるかなあ」
スアロー 「このパーティー、もう嫌!人命のことを考えるような人はいないの!?」
婁 「いやあ、人命のことはいつも考えていますよ」

3巻時点で「討伐隊」には離脱者が現れ、4巻ではむしろ「敵同士」になりつつあるキャラクタも。物語も佳境を迎え、遂に「赤の竜」との直接対決の場面も訪れます。
そして、そこには「あの一件さえなければこの伏線が…」「余程のことがなければ、このルートに入らないはずだったのに…」と頭を抱えるGMの姿が!

公式サイトでは、物語をBGM入りで楽しめる様子。こちらは、完結してからのお楽しみにとっておこうかな。
『レッドドラゴン』 | 最前線