読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本条蔵 -ホンジョウゾウ-

本やゲームなどの感想です。まだまだ移行作業中。概ね敬称略です…。

PIL 「女郎蜘蛛 ~真伝(まことがたり)~」 

時は大正。苦学生の蒲生鉄哉は、夏休みの一ヶ月間、北畠家の屋敷で書類整理のアルバイトとして雇われることになった。
北畠家は一ヶ月前に当主・清邦を亡くしており、現在屋敷に住まうのは 儚くも妖しい未亡人・未砂緒、寡黙な長女・蝶子、天真爛漫な次女・茉莉絵、胡散臭げな後見人の中畑伊佐治、そして若干名の手伝いのみ…。
つつがなく1日目を終えた鉄哉だったが、彼はその夜 伊佐治からの呼び出しを受ける。そこで明かされた「本当の仕事」は、夜毎に北畠家の女性たちを緊縛し、縄奴隷へと調教することだった…。

大正浪漫の空気に包まれた 純和風な屋敷の中で、和服の女性たちを縄だけで縛めていくゲームです。

ゲームの基本的な流れは以下の通り。

起床(セーブ・ロードポイント)

屋敷内移動パート(住人たちとコミュニケーション/1日の移動は最大3箇所まで)

緊縛パート(住人たちを縄調教/奴隷または自身の体力が0になるまで可能)

就寝

移動パートでは、住人たちとの会話やその受け答えの選択により、相手の好感度・信頼度、自身の加虐度・狡猾度などが上下します(これは隠しパラメータなので、エンディングを迎えるまでは数値が分からない)。選択次第で、屋敷の謎が徐々に明かされたり、住人たちの過去が明らかになったり…。

緊縛パートでは、住人たちに縄化粧を施していきます。具体的には、

縛る対象者を選択

縛るポーズを選択(例:梁から吊す、座らせて開脚、…)

縛り方を選択(上半身/下半身、それぞれ4種類程度から選択できます)

縛りに従って住人たちの「被虐度」「耐久度」「調教進度」などのパラメータが上下し、対象者および自分自身(主人公)の残り体力を見ながら、これを任意回数繰り返します。
「縛るポーズ」「可能な縛り方」等は、自身の熟練度が上がると 種類が増えていきます。また、各種条件が揃うと「特別調教」(例:水責め、竹縛り、海老縛り、…)を行える場合もあります。

雇用期間の終了が近づく、または一定条件を満たすとエンディングを迎え、幾つかの指定エンディングに到達すると、「真伝(まことがたり)」というサイドストーリー小説を読むことができるようになります。

ゲームの半分以上は「ひたすら緊縛」なので、「大正浪漫」にも「和風美女」にも「緊縛」にも興味・関心のない方には、ちょっと退屈なゲームかもしれません…が、私はどれも大っ好きなので、そりゃあもう…!
「調教モノ」というひとつのジャンルを築けるほど、調教(例:蝋燭、鞭、拘束…etc.)を題材にした作品は多く発売されていますが、縄調教だけに絞ったゲームというのは、かなり珍しいのではないでしょうか。
各縛りの名前も「連輪ノ道行」「輪廻ノ夢蛇」「与一ガ弓」…とても雅です。各縛り毎にCGがあるのは勿論のこと、縛り終えた後に 縄が躯食い込む感じにもう一段階CGが変化するという芸の細かさも見事です。「ゲームを楽しむ」というよりは「縄の世界をじっくりと味わう」という感じになってくる。

エンディングは40種類近くあるのですが、現在到達したエンディングは、「水葬」「涙」「誤解」「なにも知らぬ茉莉絵」「良い御方」…あ、あれ?これだけ?

キャラクタも魅力的で、どこか狂おしさを滲ませる未亡人、聡明さを秘めた人形のような純和風美少女、夢見がちで人懐こい妹的美少女…。それぞれのサイドストーリーもとても気になるところなのですが、まだまだ先は長そうです。(「真伝」はまだ茉莉絵しか見ることができません)

時々角度が不思議な感じになってしまうものの、ふんわりとしたCGは魅力的です。音楽もかなりよい感じ。
男性・女性共にボイス付きで、キャラクタ毎に声のON/OFF選べるという親切設計です。もっとも、声は全キャラ素晴らしいので、普段は声無し派寄りな私も 全部ありありでプレイしていますが…。

システム面では、メッセージを強制早送りすることはできるものの、既読・未読判定は無し、メッセージの読み戻しも不可。
セーブも1日の始まりでのみ可能(セーブ自体は随時可能だけど、ロード時にはその日の朝からの再開になる)、セーブデータ一覧画面では 各データの記憶日時しか表示されない(「何日目」などの説明は表示されない)、など、若干もどかしい…。

例によって、公式サイトに丁寧な攻略の手引きが載っています。ただし、かなりネタバレ満載なので要注意。
2013年現在、特設サイトは消えちゃったっぽい。

上記の感想を書いた後、もうちょいプレイが進みました。
その日記はこちら。
女郎蜘蛛〜真伝(まことがたり)〜 (1) - 今日のゲーム
女郎蜘蛛〜真伝(まことがたり)〜 (2) - 今日のゲーム
女郎蜘蛛〜真伝(まことがたり)〜 (3) - 今日のゲーム